萩本陣〜blog〜萩日和〜

Blogs

鈴木治の世界 -萩美術館-

観光 | 2014.10.20 Monday 15:41

泥象 鈴木治の世界
―〈使う陶〉から〈観る陶〉、そして〈詠む陶〉へ―
鈴木治〔すずきおさむ〕(1926-2001)は「陶芸」という新しい意味合いの作陶表現を目指した作家でした。
戦後間もない1948年に八木一夫〔やぎかずお〕らと前衛陶芸家集団の走泥社〔そうでいしゃ〕を結成し、用途を持たない純粋な立体造形としての陶の造形表現を求めました。彼らの作品を人々はオブジェ焼と呼びましたが、鈴木は自らの作品を、日常的な意味や用途が取り去られたときに現れる事物の物体的な側面をいう「オブジェ」ではなく、あくまでも土と火で構築された表現としての陶の「かたち」であることを主張して、この世評を拒絶しました。そんな彼の作陶理念と造形思考は「泥像〔でいぞう〕」や「泥象〔でいしょう〕」という作品名にあらわれています。
 赤い化粧土を施した焼締めと瑞々しい色合いの青白磁という、二つの技法を軸に制作された作品には、馬・鳥などの動物や風・雲などの自然現象からイメージされる穏やかな「かたち」が鋭い造形感覚で力強く表現されています。このような作品のかたちと題名、そして観る者の抱くイメージが互いに呼応する独自の豊饒な世界は、文学的要素を強めながら晩年にいたるまで深まりをみせました。
没後初めての大規模な回顧展となる本展では、初期作品から晩年の未発表作品まで含む約150点で、鈴木が到った「〈使う陶〉から〈観る陶〉へ、〈観る陶〉から〈詠む陶〉へ」の足跡をたどります。
■会  期 : 平成26年11月1日(土)~12月23日(火・祝)
■休 館 日 : 月曜日 (ただし、11月3日・11月24日・12月22日は開館)
■場  所 : 山口県立萩美術館・浦上記念館
■開館時間 : 9:00-17:00(入館は16:30まで)
■観 覧 料 : 一般 1,000(800)円、70歳以上の方・学生 800(600)円
        ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金
■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館
           電話 0838-24-2400
鈴木治の世界
↑クリックするとPDFが表示されます。
フロントで前売券を販売しておりますのでお尋ねくださいませ。

菊屋家住宅  秋の庭園特別公開

観光 | 2014.10.14 Tuesday 16:06

菊屋家住宅5
スペース.gif
菊屋家住宅1
菊屋家住宅では、普段は一般公開されていない奥の庭園の特別公開が始まりました。
この庭園は、江戸時代から昭和初期にかけて四期にわたって作庭されたもので、
平成初期に再整備されたものです。枯瀧から枯流れ、枯池を配した回遊的な要素を
持つ庭で、樹木は高木を土塀際に配し、針葉樹、常緑樹、落葉樹と色とりどりの
配色をなし、中央付近は芝生地になっております。約五百坪の広々とした解放感と
変化に富んだ景色となっております。
敷地内では、明治32年伊藤博文公の初帰萩の際に宿泊された「御部屋」と、
昭和10年に東伏見宮妃殿下を迎えるために新築した「新座敷」もご覧いただけます。
紅葉のこの季節に、美しい庭園の散策をお楽しみください。
菊屋家住宅 秋の庭園特別公開
 ■会 期:平成26年10月11日(土)から11月30日(日) 9:00~17:30(入館は17:15まで)
 ■料 金:大人520円、中高生300円、小学生200円 (菊屋家住宅入場料も含む)
 ■問合せ:菊屋家住宅 電話0838-25-8282
菊屋家住宅2
菊屋家は、萩藩の御用商人を務めていました。
お屋敷は江戸初期の建築で、現存する商家としては最古に属する大型の町家であり、
主屋をはじめ、本蔵、金蔵、米蔵、釜場の5棟が国の重要文化財に指定されています。
屋敷内には、菊屋家に伝わる500点余りの美術品、民具、古書籍など貴重な資料が数多く
展示されており、往時の御用商人の暮らしぶりが偲ばれます。
 

「探して見てーね。萩。旅のおまけ。」フォトとクイズで巡る萩のまち

観光 | 2014.10.09 Thursday 13:08

「探して見てーね。萩。旅のおまけ。」フォトとクイズで巡る萩のまち
フォト・クイズラリーがはじまりました(^^)v
クイズの答えを探したり、その場所に行って写真をとったり
楽しく萩の街めぐりができますよ。
3問以上答えれば応募できるので、気楽に参加下さいませ。
全問正解する場合は、10月10日~12日の『萩・竹灯路物語』
2月3日~4月3日の『萩城下の古き雛たち』の参加が必要です。
萩・竹灯路物語で美しい城下町に魅せられ、ぜひ季節を変え萩の街を訪れてくださいませ。
スタンプラリー台紙ダウンロード
スタンプラリーの台紙は当館で印刷してお渡ししております。
フロントにお尋ねくださいませ。
クリックナビ文字入り
「探して見てーね。萩。旅のおまけ。」フォトとクイズで巡る萩のまち
詳しくはぶらり萩あるきをご覧ください(^_-)-☆
クリックナビ文字入り
前回までの萩城下の古き雛たちの様子はこちら

萩・竹灯路物語

観光 | 2014.10.06 Monday 10:29

萩・竹灯路物語2
『萩・竹灯路物語』
萩博物館から城下町周辺にかけての総延長約1km強の通りに1,200基あまりの竹灯が立ち並びます。
竹の中で揺れる炎で江戸情緒あふれる歴史の町並みがぼんやり照らし出され、趣たっぷりの夜が楽しめます。
萩・竹灯路物語1
「着物ウィークin萩」と同時開催なので、ぜひ着物で散策をお楽しみください。
10月10日(金)~12日(日) 18:00~21:00
萩にゃん
昨年は萩にゃんの竹灯篭が描かれていました。
今年はきっと新キャラクター『文にゃん』が登場することでしょう?!
文にゃん
2018年の明治維新150年に向けた新キャラクター「文にゃん」
文にゃんは、来年の大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公・文(ふみ)さんを
イメージしたマスコットキャラクターです。

萩・田町萩焼まつり 10月10日(金)ー13日(月・祝)

観光 | 2014.10.02 Thursday 15:03

秋の萩焼まつり
一楽二萩三唐津と言われ、茶人に愛された萩焼は、使いこまれるうちに変化し、
手にした人を虜にする、日本を代表する萩の伝統的工芸品です。
「萩・田町萩焼まつり」は別名「秋の萩焼まつり」とも呼ばれ、商店街の空き店舗や
路上を利用し、萩焼の大即売会や物産展を開催いたします。
この機会に、萩焼でマイ茶碗をそろえてみませんか?

大きな地図で見る
 
 
田町商店街は着物ウィークin萩のメインストリート(お成道)にあり、
着物のレンタルができる旧久保田家住宅からは直線で700mの距離です。
着物ウィークin萩の期間中、着物を着ている方には、特典が受けられる協賛店もあるので、
是非「着物ウィークin萩パスポート」をお持ちになられて着物姿で街歩きを楽しんでみてください。
萩・田町萩焼まつり
○萩焼即売会
○萩の名産・物産展
○テーブルコーディネート展
○萩焼ウィンドーミュージアム
○酒蔵見学と地酒まつり
○竹とんぼコーナー
○お宝展示(各店舗自慢の1品を展示)
○呈茶席                   など
■日 時 : 10月10日(金)-13日(月・祝)
         10:00-18:00(最終日は17:00まで)
■場 所 : 萩市田町商店街(萩市東田町84-2)
■問合せ : 萩市田町商店街振興組合 TEL 0838-26-2201
詳しくはこちら
http://www.haginet.ne.jp/users/hagi-cci/event/akihagi/akihagi.html
■同時開催■


萩・田町萩焼まつりの開催に合わせ「萩グルメまつり」を開催いたします。会場では11店もの飲食店が軒を連ね、うどんや弁当などの軽食の販売の他、夏みかんや見蘭牛など萩の特産品を使用したメニューも販売されます。総メニュー数は40点を超え、和食、洋食、スイーツなど楽しみ方は様々です。食欲の秋に食べ歩きを楽しんでみませんか。
開催日時
日付:平成26年10月11日(土)・12日(日)・13日(月・祝)。
時間:午前10時00分~午後6時00分。※売り切れ次第終了。
開催場所
たまち広場 (旧UFOビル跡地公園)
萩グルメまつり出店者 11店
● うどん茶屋 橙々亭
● ㈱岸田商会
● Group AKKA
● ㈲シズキ
● 松陰食堂
● ㈲忠小兵衛蒲鉾本店
● 手造り工房 旭栄堂
● 鉄板焼き ふ~ふ~
● ハッコニブンノイチ 8 1/2
● 福八亭
● やまざき屋
萩焼まつり会場風景です。
萩焼まつり01
萩焼まつり2

吉田松陰が生まれた杉家とその家族-妹たちとの絆-

観光 | 2014.09.23 Tuesday 10:07

至誠館
松陰神社宝物殿『至誠館』では、吉田松陰先生の遺墨を中心に、家族や塾生たちなどの関連資料を展示しています。
来年にNHK大河ドラマで松陰先生の末の妹 文が主人公の「花燃ゆ」が始まります。
文は久坂玄瑞と結婚しますが久坂が禁門の変で亡くなり、21歳で未亡人となるなど激動の人生を歩みました。
松陰先生や文が育った杉家は家族の絆が強く、その家族愛が松陰先生の御活躍や文が苦難に負けず
生きるための土台となったといっても過言ではありません。
宝物殿至誠館では特別展「吉田松陰が生まれた杉家とその家族 -妹たちとの絆-」を開催し、
初公開資料を含む約60点の貴重な宝物を通じて杉家の家族愛を紹介します。
皆様のご来館をお待ちしております。
松陰神社宝物殿『至誠館』
会期
平成26年10月11日(土) ~ 平成27年10月13日(火)
前期 10月11日 ~ 翌年2月10日
中期 2月11日 ~ 6月9日
後期 6月10日 ~ 10月13日
入館料/一般 500円 中・高生250円 小学生100円
※各期ごとに展示宝物の一部展示替えを行います。
展示替えのため休館日がございます。
詳しくは、松陰神社ホームページでご確認くださいませ。
吉田松陰が生まれた杉家とその家族-妹たちとの絆-
画像をクリックするとPDFが開きます。

萩藩苦難の道 -描かれた幕末の萩藩-

観光 | 2014.09.18 Thursday 09:40

萩藩苦難の道
萩博物館
特別展-描かれた幕末の萩藩-
攘夷から討幕へ 萩藩苦難の道
今から150年前、久坂玄瑞がなくなった禁門の変より萩藩は朝敵となり存亡の危機をむかえます。
萩博物館では、最後の藩主毛利敬親に献上された絵巻物をメインに、
禁門の変や四国連合艦隊の下関砲撃など萩藩苦難の道のりを絵画や絵図史料でたどります。
■日  時 : 平成26年9月20日(土)~11月24日(月・祝)
         前期/9月20日~10月21日、後期/10月23日~11月24日
■場  所 : 萩博物館(萩市堀内355)
■開館時間 : 9:00~17:00(入館は16:30まで)
■休 館 日 : なし ※10月22日(水)は展示替えのため展示室閉鎖
■お問合せ : 萩博物館 電話0838-25-6447
※チラシはこちら

「上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)―」

観光 | 2014.09.15 Monday 15:59

「上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)―」 「上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)―」
クリックするとPDFが開きます。
山口県立萩美術館・浦上記念館
特別展「上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)―」
大坂・京都で制作、版行された浮世絵は「上方絵」、欧米では「Osaka Prints」
などと呼ばれ、日本国内よりも海外で高く評価されてきました。
ここ数年の間、国内の展覧会でも上方絵を出品した企画がいくつかあり、
上方絵は今、注目を集めはじめています。
この展覧会では、約40年ぶりに上方絵が大集合します。
江戸の浮世絵とはひと味違う、大坂・京都らしい粋〔すい〕と技〔わざ〕の世界を
ご堪能ください!
■会  期 : 平成26年9月9日(火)~10月13日(月・祝)
         前期/ 9月9日(火)~9月28日(日)
         後期/ 9月30日(火)~10月13日(月・祝)
■会  場 : 山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古586-1)
■開館時間 : 9:00~17:00(入館は16:30まで)
■観 覧 料 : 一般 1,000(800)円、70歳以上の方・学生 800(600)円
        ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金
■休 館 日 : 9月29日(月)、10月6日(月)
■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館 電話 0838-24-2400
会期中は、さまざまな関連イベントがあります。
詳しくはこちらをご覧ください
クリックナビ文字入り
山口県立萩美術館・浦上記念館ホームページ
フロントで前売券を販売しておりますのでお尋ねくださいませ。
 

萩にゃんと遊ぼう!萩八景遊覧船でJAFコーナー!!

観光 | 2014.09.11 Thursday 10:10

9月13日(土)萩八景遊覧船乗り横でJAFコーナーが行われ「萩にゃん。」が遊びに来るよ。
萩にゃん登場!予定
①10:00~②11:00~③13:00~ 各回30分程度
JAF子ども安全免許証を「萩にゃんバージョン」で作成
 ※作成無料・どなたでも参加できます。
  10:00~15:00
JAF子ども安全免許証「萩にゃんバージョン」
JAF会員のいらっしゃるグループは、
萩本陣の健康バイキングの食事券があたるビンゴ大会に参加できますよ。
カード配布 10:00  ゲーム開始 11:30
是非お越しくださいませ(*^_^*)
天候によりイベント内容が変更になる場合もございます。
クリック
萩にゃんと遊ぼう!萩八景遊覧船でJAFコーナー!!PDFが開きます。

萩の海 観光定置漁業 乗船見学ツアー 開催!

観光 | 2014.08.16 Saturday 09:14

昨年12月に完成した定置漁船「指月丸」で、観光定置網が実施されます。
漁船に乗って、島々が連なる萩沖の美しい景色と、漁師さんの仕事やたくさんのお魚たちを間近で見て、萩の海と漁業を体験しよう!
玉江漁港を出発し、漁場までクルージング。
目の前で引き揚げられる網と魚、元気に働く漁師さんの姿を見学する約2時間のツアーです。
(船上の観覧デッキにて見学します)
【定置(ていち)漁業とは?】
魚の通り道に漁網を仕掛けて待ち、魚を誘導して獲る、省エネで資源に優しい漁業です。
■期  間・・・平成26年8月17日(日)~9月28日(日)の毎週日曜日
■出港時間・・・10:00玉江漁港出発  ※9:30までに受付をお願いします
■乗 船 料・・・無料(損害保険料のみ自己負担300円)
          ※アンケートにご協力をお願いいたします
          ※3日前までに予約が必要です
■お申込み・お問合せ先
    山口県漁協 玉江浦支店 電話0838-25-1493(担当:西村)
     <受付時間 土・日・祝日を除く平日9:00~17:00>
   
◎観光定置漁船◎
  指月丸(しづきまる) 12名乗り、14トン
  平成25年12月就航の新船
  安全な観覧フロア、水洗トイレ完備です!
定置漁船「指月丸」