萩本陣〜blog〜萩日和〜

Blogs

中華の服飾芸術 -山口県立萩美術館・浦上記念館-

観光 | 2015.12.21 Monday 14:40

中華服飾芸術
ながい歴史の中で育まれた中華の服飾芸術は、近代より以前は王族や貴族たちの間で熟成し、公私のいろんな場面で生活を彩りました。
服飾芸術には人の身体を飾る衣服、装飾品、化粧などがふくまれ、もっとも基本的な身体を守ること以外にも、集団や民族などの精神性や、階級や身分を表す、富や権力を示すなど多くの役割を担っており、時代や地域によって多彩な服飾芸術が見られます。
本展では、山口県と友好協定を締結する山東省の山東博物館が所蔵する、明清時代の服飾作品約50点を出品します。
第1章では漢民族の支配層が唐時代を理想とし模倣した明時代の厳かな服飾作品を、第2章では清時代の華やかさと清らかさを感じさせる装飾品を、第3章では清時代の支配層である北方に住む女真族の文化と中原の文化が混ざり合った、多様な時代性を垣間みることのできる衣服を展示し、中華の服飾芸術の魅力を紹介します。
■会  期 : 平成27年12月12日(土)~平成28年1月17日(日)
■休 館 日 : 月曜日(ただし12月14日、1月4日、1月11日は開館)、年末年始(12月28日~ 1月1日は休館)
■場  所 : 山口県立萩美術館・浦上記念館
■開館時間 : 9:00-17:00(入館は16:30まで)
■観 覧 料 : 一般 1,000(800)円、70歳以上の方・学生 800(600)円
        ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金
■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館
           電話 0838-24-2400
中華の服飾芸術
↑画像をクリックするとPDFが表示されます。
フロントで前売券を販売しておりますのでお尋ねくださいませ。
期間中いろいろな関連イベントが開催されていますが、
ちょっと気になるイベントがこちら
  ↓↓↓
中華を着てみよう!
コスプレ写真撮影コーナー

中華風の民族衣装でコスプレをして中華の気分になろう!
衣装を着て写真撮影もしてみよう。
日時 特別展示「シリーズ山東文物9 中華の服飾芸術」会期中
12月12日(土)~2016年1月17日(日)
場所 エントランスロビー
参加費 無料(どなたでもご参加いただけます)
この機会にぜひ中華の服飾芸術を体験してみてはいかがですか。