萩本陣〜blog〜萩日和〜

Blogs

松陰神社の巨大絵馬 境 二郎

観光 | 2015.12.08 Tuesday 15:58

境二郎
毎年12月になると松陰神社では翌年の干支に生まれたゆかりの人物が描かれます。
先日、午年の絵馬に掛けかえられ、
天保7年8月(1836年)の申年生まれの境 二郎と松陰先生の絵馬が設置されました。
境二郎案内看板
境 二郎
15歳で藩校明倫館で教授する吉田松陰の門下生となり、22歳で松下村塾に入塾。
松陰先生は「就中勉強する者」とその勤勉さを称賛しました。
明治11年(1878年)島根県令となり、道路整備などに尽力しました。
その後、松下村塾の保存会を発足させ、塾舎の改修にあたりました。
明治33年(1900年)、65歳で死去。
早いものでもう12月
大河ドラマ「花燃ゆ」次回の放送でいよいよ最終回となりました。
花燃ゆの放送のおかげで多くのお客様とふれあう機会があり
忙しさの中に毎日充実した日々が過ごせました。
鹿鳴館での井上真央さんと大沢たかおさんの華麗なダンスを楽しみに最終回を待ちたいと思っています。
ありがとうございました。