萩本陣〜blog〜萩日和〜

Blogs

松陰神社の巨大絵馬 久坂玄瑞

観光 | 2020.01.01 Wednesday 14:00

△▼2020年の特大絵馬は久坂玄瑞▼△

松陰神社境内に設置される特大絵馬は、松陰先生と年男の門下生が描かれます。2020年用の絵馬には1840年(天保11年)子年生まれの久坂玄瑞が描かれました!2015年大河ドラマ「花燃ゆ」では俳優 東出昌大さんが演じた久坂玄瑞ですが、25歳という若さで亡くなってしまうものの、長身で容姿端麗の美男子だったのだとか…(*´▽`*)

●久坂玄瑞
高杉晋作とともに“松下村塾の双璧”と称されていた幕末の志士。
天保11年(1840)、萩藩医・久坂良迪(りょうてき)の三男として平安古に生まれました。17歳のときに高杉晋作らと共に松下村塾で学び、のちに藩校明倫館に学びます。
吉田松陰から「防長年少第一流の才気ある男」と絶賛された玄瑞は、18歳のときに松陰の妹・文(ふみ)と結婚しました。
長井雅楽の提唱した航海遠略策に反対し、藩論を尊攘討幕に一変。英国公使館焼き打ちや下関の外国船砲撃に参加しました。元治元(1864)年の禁門の変(蛤御門の変)で、幕府方諸軍と戦い、流弾を受け負傷。享年25歳という若さで自刃しました。

特大絵馬は高さ2.55m、横3.64m。松陰先生と久坂玄瑞ほか、「須佐 男命いか」としてブランド化されたケンサキイカ、須佐ホルンフェルスなど須佐地区の名物が盛り込まれたユニークな絵馬になっています。(萩市立須佐中学校生徒作)

【松陰神社】…朝のおすすめ散歩コース