萩本陣からのお知らせ

News

ゴールデンウィーク期間の入浴料金について

お知らせ | 2015.04.25 Saturday 14:10

湯の丸
ゴールデンウィーク期間の入浴料金について
5月2日から5月5日まで、湯の丸の維持管理が通常時より必要になり、
誠に不本意ながら料金を改定しなければなくなりました。
何卒ご理解頂きますようお願いいたします。
◆11:00から22:00
 【大人】2,000円(中学生以上)
 【小人】1,000円(3才から小学生まで)
貸出 タオル 100円・バスタオル 300円
らいん
健康バイキング
毎週 金・土・日 お昼の健康バイキング
ゴールデンウィーク期間も、5月1日(金)・5月2日(土)・5月3日(日)と営業いたします。
5月4日(月・祝)~6日(水・祝)は、健康バイキングはございません。
ご昼食にお越しになられる場合は、事前のご予約が必要です。
なお、食事場所はダイニング旬の丸となります。
※客室での休憩はできません。 
※入浴される場合は、2000円別途必要です。
※タオルはご持参ください。
(レンタルの場合はタオル100円、バスタオル300円、別途申し受けます)
TEL  0838-22-5252
MAIL info@hagihonjin.co.jp
予約係まで
はぎの膳
はぎの膳 2,160円
ぼたんの膳
ぼたんの膳 3,240円

健康バイキング 春フェア

健康バイキング | 2015.04.24 Friday 11:42

お昼の健康バイキングおすすめコーナーは「春フェア」
スープスパゲッティ
スパゲッティのスープには、桜海老とウニのクリームスープとあさりのペペロンチーノスープの二種類をご用意
セロリと蛸の桜麺のサラスパ風
桜麺を使ったセロリと蛸のサラスパ風
イチゴ
桜餅
苺やあま~い桜餅はもちろん別腹ですよね♪
健康バイキング
月替わりのおすすめメニュー以外にも、野菜をたっぷり使ったメニューやお腹満足メニュー、デザート、お飲物など、ヘルシーでおいしい料理が、盛り沢山です。
毎週 金・土・日 お昼の健康バイキング 11:30~14:00
大人・・・1,550円
小学生・・ 830円
幼児・・・ 520円
ぜひお越しくださいませ。

萩・大茶会 5月3日・4日

観光 | 2015.04.24 Friday 10:40

萩・大茶会
「萩・大茶会」では、萩焼とともに古くから親しまれている”茶の湯文化”に触れることができます。市内四流派が、緑美しい指月公園を中心に4箇所でお茶席を設けます。青葉が薫る毛利の居城 萩城跡を舞台に、お抹茶の接待や生け花展、琴と尺八の演奏などが行われます。
【小堀遠州流萩支部】・・萩城跡指月公園
【遠州流萩支部】・・・・熊谷家住宅
【裏千家淡交会萩支部】・旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
【表千家千萩会】・・・・旧久保田家住宅
【開催時間】 10:00~15:00 雨天決行(3日午前9:30~献茶式)
【料金】
▼前売セット券
○薄茶四席券(2,000円)
○薄茶二席券(1,100円)
▼当日券
○薄茶一席券(600円)
指月第一駐車場⇔熊谷家住宅⇔萩博物館駐車場間を無料シャトルバスが運行します
御茶席券提示で花燃ゆ大河ドラマ館、萩美術館、萩博物館の入館料が割引になります。(5月3日・4日限定)
■お問い合せ先
萩市観光課  0838-25-3139(平日のみ)
萩市観光協会 0838-25-1750
萩・大茶会 5月3日・4日

画像をクリックするとPDFが開きます。

萩焼まつり 5月1日~5月5日

観光 | 2015.04.23 Thursday 15:16

萩焼まつり
ゴールデンウィークの一大イベント「萩焼まつり」が今年も開催されます!
400年の伝統を誇り、今や国の内外にまでもその芸術性が高く評価され、さらには伝統的工芸品として指定も受け、観光土産品としても幅広い層から好評の萩焼。「萩焼まつり」は、市内の萩焼窯元や卸小売業者を集め、毎年5月1日~5月5日の5日間、開催しています。

市内臨時駐車場のご案内

5月1日 サンライフ萩グラウンド
5月2日~5月5日 萩明倫小学校グラウンド
臨時駐車場から萩市民体育館まで30分間隔で無料シャトルバスが運行します。
花燃ゆ大河ドラマ館の近くにある萩明倫小学校グランドと萩焼まつり会場まで無料シャトルバスで行き来できるので観光に便利ですよ。
萩焼まつり
■日 時 : 5月1日(金)~5日(火・祝)9:00~17:30
■場 所 : 萩市民体育館
■問合せ : 萩商工会議所 TEL 0838-25-3333
詳しくはこちら【萩焼まつり公式サイト】

2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」-萩美術館-

観光 | 2015.04.18 Saturday 09:03

2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」
山口県立萩美術館・浦上記念館
花燃ゆ
2015年NHK大河ドラマの主人公、杉文(のちの楫取美和子)は、1843(天保14)年に萩城下の郊外に位置する松本村に生まれました。文は、松下村塾の主宰者・吉田松陰を兄に持ち、貧しくもあたたかく明るい家庭で育ちました。
文の周りには、後の夫となる久坂玄瑞や楫取素彦、高杉晋作ら、松陰の下で学ぶ松下村塾の若者たちが集い、日夜議論を戦わせていました。幕末の動乱が激しさを増す中で、文の家族や松下村塾の塾生たちはさまざまな困難に直面していきます。しかし、松陰の教えを胸に抱き、彼らは志を持って常に前を向いて生き抜きました。
これまで、文の存在は一般にはほとんど知られることはありませんでした。本展覧会では、初公開となる貴重な歴史資料や、文・松陰のゆかりの品々を一堂に展観し、時代に翻弄されながらも新しい時代に松陰の志を引き継いでいった文と幕末を生きた長州の人たちの人物像を浮き彫りにします。
【会期】 4月18日(土)~5月24日(日)※会期中展示換えを行います
【休館日】 月曜日(ただし4月27日、5月4日は開館)
【開館時間】9:00~17:00 (入場は16:30まで)
【観覧料】 一般 1,200円(1,000円)
      シニア・学生 1,000円(800円)
※シニアは70歳以上の方、( )内は前売り及び20名以上の団体料金。
※18歳以下、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料。
※「文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館」及び「萩博物館」の入場券又は半券を提示された方は、観覧料(当日)を団体割引とします。
※前売り券は、ローソンチケット(Lコード66254)及びセブンチケット、県内各プレイガイドでお求めください。
らいん
松陰神社の宝物殿では「吉田松陰が生まれた杉家とその家族 -妹たちとの絆-」

萩博物館では、「兄松陰と妹文」「長州男児、愛の手紙」~吉田松陰から盟友小田村伊之助へ 久坂玄瑞から妻文へ~が展示されています。
大河ドラマ「花燃ゆ」舞台の萩では、愛の言葉で満ち溢れていますよ。
是非お越しくださいませ。

テレビ西日本『土曜NEWSファイル CUBE』

お知らせ | 2015.04.17 Friday 09:27

角田華子さん
角田華子さんが福岡から萩へ日帰り旅行に来られました。
展望台にある足湯に浸かりながら暮れゆく萩をご覧になられましたよ。
この様子は4月25日(土)朝9時55分からテレビ西日本『土曜NEWSファイル CUBE』で放送される予定です。
ぜひご覧いただき、大河ドラマ「花燃ゆ」で話題の萩へお越しくださいませ。

野山獄と岩倉獄

観光 | 2015.04.08 Wednesday 15:22

野山獄
▲野山獄跡
野山獄説明
野山獄と岩倉獄略図
岩倉獄跡
▲岩倉獄跡
岩倉獄跡説明
萩市今古萩町にある野山獄跡と道を挟んで向かい側にある岩倉獄跡です。
吉田松陰先生の釈放運動により野山獄から多くの囚人が釈放されましたが、
高須久子は釈放されず残っています。
高須久子役の井川遥さんに再び会えるのはすごくうれしいことなのですが、
杉家や塾生たちにとって、これからつらい日々が続きます。
花燃ゆを見るときはハンカチの携帯が必須になるかな(涙)
「花燃ゆ」ゆかりの散策マップ

スーパーはぎ号が半額で利用できます。

お知らせ | 2015.04.04 Saturday 10:58

スーパーはぎ号
うれしいお知らせが届きました!
新山口駅から萩まで、1時間で結ぶスーパーはぎ号が半額で利用できます。
スーパーはぎ号
=====================================
 平成27年4月1日より運賃が変更となり、半額でご利用いただけるようになりました!
 料金/おとな 1,030円、こども 520円
  (おとな2,060円、こども1,030円のところ、
   国の「地域消費喚起型の交付金」からおとな1030円、こども510円が助成されています)
=====================================
観光の拠点として萩・明倫センター(花燃ゆ大河ドラマ館)ご利用くださいませ。
クリック
大河ドラマ館で『コムス』一人乗り小型電気自動車の無料貸出が始まりました。
萩市内定期観光バス運行開始

松村グループ合同始業式

ごあいさつ | 2015.04.02 Thursday 15:13

新入社員の紹介
松村グループ合同始業式が行われ新入社員の紹介がございました。
若人の清々しい活気につれられ、職場内の雰囲気もより明るくなったようで、
スタッフ一同初心に戻り、真心のこもった接客に努めてまいります。
新入社員も社内教育を終え今日から各部署に配属されます。
若葉マークを付けての接客となりますが、どうぞ温かい目で見守っていただき、
何なりと言葉をかけてくださいませ。
皆様のお越しをお待ち申しております。