萩本陣〜blog〜萩日和〜

Blogs

萩八景遊覧船 運行開始

観光 | 2019.03.01 Friday 10:50

萩八景遊覧船乗り場

3月1日(土)から萩八景遊覧船の運航が始まりした。 萩八景遊覧船は水上から城下町萩が楽しめる人気の観光コースです。
船頭さんの「男なら」(萩の民謡です)を聞きながらゆっくりと船上から萩を満喫してみませんか(^▽^)/

また桜の開花時期には橋本川を延長運行し河川沿いの桜並木を見る
60分コースも設定されます。
運航期間は毎年3月~11月
午前9時00分~17時00分(受付16時まで)の定期運航
定員12名の屋形付きの動力和船
乗船料は大人1200円/子供600円
●詳しい内容のお問い合わせは、
萩市観光協会 0838-25-1750
萩市観光課  0838-25-3139まで

萩八景遊覧船チラシ


お天気のいい日には、最後に日本海へ出て、海上から白砂の美しい菊ヶ浜の浜辺など、
萩のまちを眺めることができます。


すぐそばに見えるのは、萩城跡のある「指月(しづき)」。
銃眼土塀なども見ることができます。


↑上の写真と比べて、屋根が低くなってるのがわかりますでしょうか?
船頭さんがくるくると手動で屋根を下げられます。
屋根がせまってくる感じに、思わず「おおっ」となってしまいますよ(*^ ^*)
そして、その後また屋根が元の位置にもどって、乗り場へと帰ります。


船頭さんが歌ってくれる萩民謡「男なら」を聞きながら、ゆっくりと船上から萩を満喫

堀内伝統的建造物群保存地区を眺めながら橋本川へ
少しすると「釣りバカ日誌12」のロケ地となった建物が見えて来ます

船頭さんの「男なら」(萩の民謡です)を聞きながらゆっくりと船上から萩を満喫してみませんか