萩城下の古き雛たち

萩城下の古き雛たち


萩城下の古き雛たち

今年も古き雛たちに巡り合える季節がやってきました。

江戸時代から伝わるお雛様から昭和中期の懐かしいお雛様まで

家々に大切に受け継がれている雛人形が市内各所で展示されます。

この機会に是非お越しください。


■期 間 : 平成27年2月3日(火)−4月3日(金)

■会 場

【城下町】旧久保田家住宅、菊屋家住宅、萩博物館、口羽家住宅 駐車場 中央公園、萩博物館駐車場

【浜 崎】旧山中家住宅(水曜日休)、梅屋七兵衛旧宅、旧山村家住宅 駐車場 浜崎しっちょる会(0838-22-0133)まで

【その他】旧田中別邸、旧湯川家屋敷、桂太郎旧宅、渡辺蒿蔵旧宅、田町商店街 駐車場 有(無料)

◆観覧料 
菊屋家住宅・520円 萩博物館・510円 
旧久保田家住宅、口羽家住宅、旧田中別邸、旧湯川家屋敷、桂太郎旧宅(以上100円)

■お問合せ : 萩市観光課 電話(0838)25-3139


キリシタンのお雛様
◆キリシタンのお雛様

江戸時代の享保雛
◆江戸時代の享保雛

御殿雛
◆御殿雛

源氏枠飾り
◆源氏枠飾り

上が神棚になっているお雛様
◆上が神棚になっているお雛様

三人官女
◆三人官女

白い装束の従者
◆白い装束の従者

立ち雛
◆立ち雛

萩往還梅林園

萩往還梅林園1

萩往還梅林園2

萩往還梅林園3

萩往還梅林園7


萩往還梅林園では、11種類300本の赤、白、ピンク色の梅が可憐な花を咲かせます。
蕾も大きく膨らんで、早咲きの梅が咲き始めました。

最も早く開花する淡い紅色の八重咲き蓮久が1月下旬から咲き始め、
一重の「豊後」「白難波」、枝垂れ性のある「玉垣枝垂れ」など、3月中旬頃まで楽しめます。

笠山椿群生林の椿とともにお楽しみ下さいませ。

開花情報

創業160年 江戸時代より続くかまぼこ屋さん

安政2年(1855年)今から160年前に創業された忠小兵衛蒲鉾さん
きっと松下村塾にも差入され塾生も食べられたことでしょう(^^)v

わかめかまぼこ

朝食バイキングの郷土料理コーナーには、のっぺい、ちりめん、けんちょうのほか、
忠小兵衛蒲鉾さんのわかめかまぼこをご提供しております。
また売店でも販売しておりますので是非お越しくださいませ。

忠小兵衛蒲鉾

忠小兵衛蒲鉾

大河ドラマロケ地 志都岐山神社・大照院

志都岐山神社

大河ドラマ「花燃ゆ」で久坂玄瑞を励ます文のシーンが撮影された萩城跡指月公園の中にある志都岐山神社

指月公園は春に600本余りのソメイヨシノが咲き誇る桜の名所で、
ここでしか見ることができないミドリヨシノがあります。
ツツジが咲く5月には大茶会が開かれ多くの観光客で賑わいます。

ツツジ

大茶会

文と久坂が黒船を見に行くため夜のお寺を駆けるシーンは大照院で撮影されました。

大照院 万灯会

大照院

毎年8月13日には万灯会が行われお盆の迎え火として石灯籠すべてに火が灯り、幽玄な世界を作り出します。
普段でも大変美しい寺院ですので是非ご見学くださいませ。


おみくじ

今回、話題を呼んだおみくじは文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館にありました(#^.^#)

気になっていた引き出しはおみくじだったんですねw

大吉が出るまでと もう一度引き直したね 何度もお越しくださいませ。

春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜開催

春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜

春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜

今日から3日間は、春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜が開催されます。
多くのご予約を頂き本当にありがとうございます。

あふれんばかりのズワイガニと鍋料理、刺身やにぎり寿司、鉄板料理にデザートが並んでいます。
どうぞごゆっくりお寛ぎくださいませ!!

春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜

春夏秋冬★四季の旬まつり〜冬の陣〜

今月の健康バイキングはスープパスタフェア

今月の健康バイキングはスープパスタフェア

健康バイキングの今月のおすすめコーナーは、スープパスタフェアです♪

麺は、スパゲティとフィットチーネの2種類

スープは、トマトスープ、和風ペペロンチーノスープ、コーンスープ、
オマールスープ(シーフード入り)の4種類をご用意しています。
 
 ※料理内容は都合により変更になる場合もございます。

お好みパスタにお好みのスープをかけてお召し上がりくださいませ(#^.^#)

月替わりのおすすめメニュー以外にも、野菜をたっぷり使ったメニューや
お腹も満足メニュー、お子様用のメニューのほか、デザート、お飲物など、
ヘルシーでおいしい料理が盛り沢山です。

話題の大河ドラマ「花燃ゆ」ゆかりの地を散策がてら是非お越しくださいませ。

クリック

▲旧松本村散策コース 
 
▲大河ドラマゆかりの観光スポット

文たちが作っていた萩料理♪

文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館には文たちが作っていた萩料理のレシピが展示されています。

第2回放送では、文の姉、寿さんが花嫁修業のため、義姉の亀さんに教えてもらい書き写してた萩料理♪

ドラマ館の中では人物が映っているポスター以外は写真撮影OKです。
ぜひお立ち寄りいただき、
幕末の志士たちが食べてた萩料理を再現してみてくださいね(#^.^#)

萩料理

文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館

文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館 いよいよ明日からオープンします。

1月11日からは、新山口駅から萩明倫センター(大河ドラマ館)への直行バスが運行します。

萩循環まぁーるバスも萩明倫センターへ停車するようになり、時刻表が変更されます。


フロントでは、文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館の入場券を販売しており
萩観光のご案内もしておりますのでお気軽にお尋ねくださいませ。


スーパーはぎ号

新山口−萩 バス時刻表
クリックすると新山口駅から萩までのバス時刻表にジャンプします。

萩循環まぁーるバス路線図 萩循環まぁーるバス時刻表
画像をクリックするとPDFが開きます。

萩図書館に禁書『海防臆測』(かいぼうおくそく)が展示されています。

海防臆測

大河ドラマ花燃ゆで、吉田寅次郎と小田村伊之助を巡りあわせた当時の禁書「海防臆測」(かいぼうおくそく)

伊之助が持っていた本には、「海防臆測」の文字が隠され「甲陽軍艦」というダミーのタイトルが貼られており、
寅次郎が宮部鼎蔵から預かる際に取扱いに注意するよう言われていた禁書「海防臆測」が萩図書館に展示されています。

吉田松陰の愛弟子であり、松陰の死後松下村塾の指導者となった馬島甫仙の子孫、馬島春三氏より萩図書館に寄贈されました。


坤輿図識

その隣には、ドラマで寅次郎が熱く語った世界の情勢を学んだ『坤輿図識』(こんよずしき)も並んで展示されています。
明治35年に玉木文之進の子孫から萩図書館に寄贈展示されています。


萩図書館は大河ドラマ館(旧明倫小学校体育館)の正面に位置しております。
毎週金曜日と土曜日には郷土史及び維新史に関するレファレンスサービスを行っています。
上記以外の日でも事前に連絡いただければ、海防臆測や坤輿図識の中をお見せすることができるそうです。
館長・副館長はじめアットホームな雰囲気の中で楽しく幕末史が学べますよ。

ぜひ萩図書館にも足を延ばして、これからの日本を真剣に考えた寅次郎と伊之助の情熱に触れてみましょう。

お問い合わせ
萩市立萩図書館
〒758−0041 山口県萩市江向552−2
TEL 0838-25-6355/FAX 0838-25-5224
URL http://hagilib.city.hagi.lg.jp/
携帯URL http://hagilib.city.hagi.lg.jp/mobile
E-Mail  hagi_library@city.hagi.lg.jp
レファレンス申込 hagi-ibrary@triton.ocn.ne.jp


大きな地図で見る

お正月バイキング

本日から4日まで、正月バイキングを行っております。

通常の料理に加えて、正月にかかせない縁起の良い料理をご用意してます。

黄金色に輝き豊かさと勝負運を願って・・栗きんとん
栗きんとん

まめに元気に働けますように・・黒豆
黒豆

子宝と子孫繁栄を祈って・・・数の子
数の子

長いひげ、腰が曲がるまで長生きすることを願って・・芝海老
芝海老

巻物(書物)に似た形から教養を持つことを願って・・伊達巻
伊達巻

お正月にはかかせない・・・お雑煮
お雑煮

皆様のお越しをお待ちしております。

■営業日
 2日(金)・3日(土)・4日(日)

■営業時間
 11:30〜14:00

■バイキング料金
 大人  2,000円
 小学生 1,100円
 幼児   800円
1/2 >>