ファッション雑誌から飛び出して可愛い女の子が泊まりに来られました。

新潮社 ROLa

ファッション雑誌から飛び出して可愛い女の子が泊まりに来られました。
週末を使って2泊3日の女子旅で萩や津和野を紹介されます。
モデルさん、モデル兼イラストレーターさん、コピーライターさんの3人で
湯の丸やデザートいっぱいの朝食をぺちゃくちゃおしゃべりしながら撮影されていました。

流行の洋服をチェックして大好きな友達とぜひ萩へおいでませ!


新潮社 ROLa(ローラ)
発売予定日 12月1日
http://www.shinchosha.co.jp/rola/

チワワが大好きな清水省吾、ハルマンご夫妻がお越しになりました

清水省吾、ハルマンご夫妻

チワワが大好きな清水省吾、ハルマンご夫妻がお越しになりました。
下関でふぐ料理を萩の昼食では甘鯛(あまだい)をお食べになるとのこと、
当館では萩の特産牛肉を召し上がって頂こうと見蘭牛(けんらんぎゅう)の会席をご用意しました。

見蘭牛は萩沖の孤島で飼育されてきた日本在来牛「見島牛」と
オランダ原産ホルスタインを交配させ誕生した萩のブランド牛です。
霜降り豊かな見蘭牛!ぜひ見て来て味わってくださいませ(^^)v


BS日テレ「イチオシ!2泊3日の旅」

食後は満天の星空が降り注ぐ展望台の足湯へ
萩の夜景を眺められながら今回の旅の思い出など夫婦水入らずごゆっくりお話されていましたよ。

今回の旅の様子は、BS日テレ「イチオシ!2泊3日の旅」
11月21日(金) 19:00〜19:54 に放送される予定です。
ぜひご覧くださいませ。

文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館

明倫小学校体育館

旧明倫小学校体育館に、来年から始まる大河ドラマ「花燃ゆ」のドラマ館が開館します。

明倫小学校グランド

旧明倫小学校のグランドでは駐車場の整地が急ピッチで進んでいます。

大河ドラマ館イメージ図
大河ドラマ館イメージ図


水練池や有備館の他に、幕府に対する忠心を意味する箇所が削られた明倫館碑。
会津藩校日新館から贈られた楷の木。聖賢堂、南門、観徳門、旧明倫小学校本校など
史跡が一杯の旧萩藩校明倫館で開館する「文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館」
是非お越しいただき萩市の新たな観光スポット、大河ドラマ館とともにお楽しみくださいませ(^^)v


開催期間
平成27年1月11日より平成28年1月10日まで
無休9時〜17時[最終入場16:30]

開催場所
旧明倫小学校体育館
山口県萩市江向602 萩市役所前

「文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館」公式ホームページ

旧萩藩校明倫館マップ

水練池 (旧萩藩校明倫館)

水練池 (旧萩藩校明倫館)

旧萩藩校明倫館の敷地内にある水練池。
水源は地下水で、東西39.5メートル、南北15.5メートル、深さ1.5メートルの池です。
藩政時代に、遊泳術や水中騎馬の練習に使われました。
藩校にある水練池でわが国に存在する唯一のもので国指定史跡に登録されています。

有備館 (旧萩藩校明倫館)

有備館

旧萩藩校明倫館の敷地内にある有備館
北半分は板の間39畳の剣術場、南半分は土間54畳の槍術場で、
当時の図面には「剣槍稽古場」と記載され、その横に一段下げて「他国修行者引請場」とあり、
萩藩士の錬武の場である外、他国から剣槍術の修行に来た者のための道場でもありました。
土佐の坂本龍馬は1862年1月14日に萩を訪れ、1月23日まで滞在しました。
滞在中ここで剣術の試合をしたといわれています。

以前は明倫小学校の校舎として使用されて自由に見学できなかったのですが、
現在はボランティアガイドさんも常駐し詳しい説明を聞きながら見学できますよ。

有備館-槍術場

ここは槍術場で手前の畳の所が藩主上覧場で奥側の土間の所で試合を行っていました。

有備館-剣術場

こちらは剣術場、板の間になっています。

有備館-刀傷

柱には刀傷が残っており、先輩が付けた刀傷をみながら若い剣士は
武道に励んでいたのでしょうね。


有備館-便所

有備館の便所の壁は50cm位の厚さになっていて、窓のそとにまた窓があり、
槍で突いても届かない仕組みになっています。
きっと藩主が使われていたんでしょうね。

一度は練習してみたい剣士あこがれの道場として知られている「有備館」
ぜひご見学くださいませ。

有備館-平面図
有備館-平面図

着物フォトコンテストの結果発表!!

着物フォトコンテストの結果発表!!


先日の着物ウィークのフォトコンテスト入賞作品が発表になりました。

藍場川周辺の写真が2点選ばれています。
鯉が泳いでいて趣があり実に絵になる風景ですね。

流水式庭園を持つ桂太郎旧宅や、生活用水に利用している湯川家住宅など、
水と暮らした城下町をぜひ散策くださいませ。



過去ブログ 鯉を見ながら散策する藍場川

お子様ランチの内容を変更いたします。

お子様ランチ

今までお子様ランチはランチプレートでご用意していました。
唐揚げやサラダを一緒に盛り付けるため冷めていたとクレームもございました。

この度ランチプレートでの提供をやめ、ポテトサラダや生野菜は別の皿に盛り付け
唐揚げは食事が始まってから揚げたての状態でお出しすることにいたしました。

フルーツ

またお子様の体調管理にはビタミンいっぱいのフルーツが一番と思い
フルーツの内容を充実いたしました。

ランチを召し上がったお子様の反応をぜひアンケートにお寄せくださいませ(^_-)-☆

鈴木治の世界 −萩美術館−

泥象 鈴木治の世界

―〈使う陶〉から〈観る陶〉、そして〈詠む陶〉へ―

鈴木治〔すずきおさむ〕(1926-2001)は「陶芸」という新しい意味合いの作陶表現を目指した作家でした。
戦後間もない1948年に八木一夫〔やぎかずお〕らと前衛陶芸家集団の走泥社〔そうでいしゃ〕を結成し、用途を持たない純粋な立体造形としての陶の造形表現を求めました。彼らの作品を人々はオブジェ焼と呼びましたが、鈴木は自らの作品を、日常的な意味や用途が取り去られたときに現れる事物の物体的な側面をいう「オブジェ」ではなく、あくまでも土と火で構築された表現としての陶の「かたち」であることを主張して、この世評を拒絶しました。そんな彼の作陶理念と造形思考は「泥像〔でいぞう〕」や「泥象〔でいしょう〕」という作品名にあらわれています。

 赤い化粧土を施した焼締めと瑞々しい色合いの青白磁という、二つの技法を軸に制作された作品には、馬・鳥などの動物や風・雲などの自然現象からイメージされる穏やかな「かたち」が鋭い造形感覚で力強く表現されています。このような作品のかたちと題名、そして観る者の抱くイメージが互いに呼応する独自の豊饒な世界は、文学的要素を強めながら晩年にいたるまで深まりをみせました。

没後初めての大規模な回顧展となる本展では、初期作品から晩年の未発表作品まで含む約150点で、鈴木が到った「〈使う陶〉から〈観る陶〉へ、〈観る陶〉から〈詠む陶〉へ」の足跡をたどります。


■会  期 : 平成26年11月1日(土)〜12月23日(火・祝)
■休 館 日 : 月曜日 (ただし、11月3日・11月24日・12月22日は開館)
■場  所 : 山口県立萩美術館・浦上記念館
■開館時間 : 9:00−17:00(入館は16:30まで)
■観 覧 料 : 一般 1,000(800)円、70歳以上の方・学生 800(600)円
        ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金

■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館
           電話 0838-24-2400

鈴木治の世界

↑クリックするとPDFが表示されます。
フロントで前売券を販売しておりますのでお尋ねくださいませ。

健康バイキング今月のおすすめ

健康バイキング今月のおすすめ

トッピング


今月のおすすめコーナーは、蕎麦、トマト麺、うどんに変わりました。
野菜天麩羅やとうもろこし薩摩揚げなどトッピングをお楽しみください。


サーモンと木ノ子 味噌クリーム焼き

秋刀魚の柚庵焼き



西条柿

秋を感じるメニューで、サーモンと木ノ子味噌クリーム焼き、秋刀魚の柚庵焼き、
西条柿も今日から仲間入り(^_-)-☆


西条柿は、吉田松陰先生とも大変深いつながりがあったといわれております。

松陰先生が牢獄中、お母様が差入れとして、この「西条柿」をよく持って行かれていたと言われているそうです!!
そこからも、松陰先生がいかにこの柿を好きだったかがわかる気がします♪

来年から始まる大河ドラマ「花燃ゆ」で松陰先生が柿を食されるシーンが登場するかな?!

それから、長い月日を経てもいまだなお愛され続けている「西条柿」

是非、ステキな秋の味覚を皆様でゆっくりと味わいにいらっしゃって下さい

貸切風呂(月)に手すりを設置しました。

貸切風呂手すり

貸切風呂湯船手すり


2室ある貸切風呂の内、四角い湯船の「月」に、移動や湯船に入る際に
安全に移動できるよう手すりを設置いたしました。

手すりでしっかりと身体を支えることができるようになり、
より安心してご入浴を楽しむことができます。

また貸切風呂「月」は、入口から段差なく車イスで浴槽近くまで移動できます。
ぜひご利用くださいませ。

営業時間 13:00〜22:00 
要予約  45分 3,240円 
1/2 >>